世界文化遺産 醍醐寺の観光の見どころ、行き方、地図、便所の情報を掲載しています。。

世界文化遺産 醍醐寺

名称 醍醐寺(だいごじ)
所在地 〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22
電話番号 075-571-0002
拝観料 一般 800円
体験教室
HP 醍醐寺
行き方 市バス「五条坂」下車、徒歩15分/市バス「清水道」下車、徒歩15分
地図 醍醐寺googlマップ
足利尊氏が後醍醐天皇追善のため創建。開山は三光国師。650年の歴史を誇ります。
笠取山全山が寺の境内になっている醍醐寺は、山上の上醍醐寺、 山裾の下醍醐寺に分かれており、五重塔・金堂など80余りの堂塔僧坊が散在しています。
スポンサードリンク

醍醐寺 おすすめ参拝コース

見どころ 五重塔・金堂・弁天堂・薬師堂・五大堂・三宝院・霊宝館・金堂・御影堂・薬師三尊・醍醐の花見
拝観時間 9時~17時 季節により変更あり
見学時間
公衆便所 図示
ライトアップ 桜 3月上旬~4月中旬
山岳道場とされていたくらいの場所なので、上醍醐の頂上登山は1時間ほどかかります。
如意輪堂、薬師堂(国宝)、五大堂、霊水「醍醐水」の源の井戸など上醍醐には見どころが多くあります。
下醍醐もまた、名所旧跡の宝庫で、京都府内最古の五重塔(国宝) のほか、三宝院、霊宝館、金堂、御影堂などがあり、金堂には鎌倉時代の薬師三尊( 国宝)が安置されています。
上醍醐、下醍醐合わせて8万坪の境内には約2000本の桜が植えられおり 花見の名所としてもよく知られ、かつて豊臣秀吉が家子郎党を引き連れて 「醍醐の花見」を催したことで有名です。
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP